独学でイラストを勉強するか専門学校で勉強するか?将来の道によってここの選択肢も変わる?

独学でイラストを描いていくのか、それとも専門学校に入って学ぶかは、もうこれは究極の選択肢と言っていいでしょう。

誰もがイラストレーターへの道を進むのに、ここで1度は大きく迷うものです。

でもこの選択肢、将来どんなイラストレーターになりたいのか、でも変わってくるのです。

よく言われる悲しい意見として

ネットでもよく見かけるのが、イラストの専門学校に行くのはお金と時間の無駄、と言う意見です。

独学でやっていくほうがむしろ、デビューも早く時間もお金もかからない、というものですね。

確かに専門学校というのは、全日制の場合かなりの費用がかかります。

大学並の学費の学校もあります。

また上手く選ばないと、良い授業が受けられないなどのリスクもあります。

加えて、学生でいることに甘えて数年過ごして、何も結果が出ないなどということも無いではないのです。

もちろん独学でもこうしたリスクは多くあります。

でも独学の場合少なくともお金は無駄にはならないのですね。

なので、ネットでこうした質問、イラストレーターになりたいけど専門学校に入ったほうが良いか、と言う質問には、時間とお金の無駄というコメントがついたりもします。

まあこれも、あながち全部が間違っているとは言えません。

しかしイラストレーターの種類によっては、専門学校卒業からのほうが進路として開けていることもあるのです。

昔からイラストレーターと言えば

いわゆる自由業というものがあります。

企業や組織に縛られずに、自分独自の仕事をする、もしくは個人での営業をする人たちです。

昔からイラストレーターもその1つの職業、と言う認識がありました。

今でももちろん、その認識で間違ってはいません。

また多くの人がイラストレーターと言えば、アトリエで必死に作業する姿を思い浮かべるでしょう。

周囲には資料が散らばり、後方にはアシスタントがスタンバイ、というような姿です。

それこそ絵に描いたような、イラストレーターの姿で人によっては理想像ですね。

こういう作業で、自由業としてイラストを描いていく場合、仕事さえあれば個人で就ける仕事なのは間違いありません。

独学でイラストを勉強して、テクニックも学んで個性をしっかりと出して、編集に持ち込んで、もしくはコンクールに出して入賞デビューというコースです。

これなら確かに、お金と時間をかけて専門学校に行く必要はない、と思ってしまうのは仕方ありません。

この自由業、実力と人気第一なので、収入も本当に上下する不安定な仕事であることもまた悲しい事実です。

今ではイラストレーターも多様化

今の世の中、イラストレーターは全員が自由業というわけではなくなっています。

企業関係への就職も、かなり多くあるのです。

収入の安定という点では、こちらのほうがおすすめにはなります。

アニメ・マンガなどの絵の業界

アニメや漫画の業界も、会社自体に所属するイラストレーターを求めています。

雑誌などに載せるイラストを描くのにも、ゲームキャラのデザインをするのにも、外注ではなくて会社内で出来るように求人をかけているのですね。

正直なところ、有名イラストレーターに外注すれば、それだけでも発売前から話題になります。

発売すれば、その点だけでも売上が期待できます。

しかしそうしたデザイン料は、かなりの額になってしまいます。

今のように多くのゲームやアニメが反乱している状態では、そうした大人の事情から有名イラストレーターへの注文も、難しくなっていることがあるのです。

なので社内にということですね。

もちろんこうした就職先の場合、グラフィッカーとしての活躍も、期待されています。

デザイン事務所や普通の企業など

自分のイラストを、というわけには行きませんが、幅広い制作ジャンルに自分のイラストテクニックを活かすことの出来る職場です。

一匹狼には向きませんが、チームを組んで1つのプロジェクトを完成させていく、などが好きな人には向いている職場です。

イラストレーターと言うには、ちょっと違うかなあ、と思う人もいるでしょうがこれも立派なイラスト制作の仕事なのです。

これに加えて、普通の会社のデザイン部門でと言う選択もあります。

デザイン事務所ではなくても、普通の企業でもデザイン部門を持っている会社があります。

開発部門などでもイラストやデザインのスキルが活かせるので、おすすめの就職先ですね。

会社関係のイラストレーターなら専門学校が

フリーのイラストレーターになる場合、それこそそこに至るコースは自由に選ぶことが出来ます。

しかし安定した収入をイラストのスキルも活かしつつ、と思った場合企業に就職も1つの手です。

そしてこうした企業、会社への就職の場合は特に、専門学校での後押しが効いてきます。

いろいろな業界にパイプのある専門学校なら、卒業後の就職もまた多様に提示してくれますね。

独学だとこうした場合には、やはり弱いのです。

フリーになるのかそれとも、イラストを生かした仕事に付きたいと思っているのか、それもまた独学か専門学校かの選択肢なのです。

まとめ

専門学校ではもちろん、基礎から絵のテクニックを学ぶことが出来ます。

しかし何よりもの強みは、卒業後の進路がある程度用意されているということです。

フリーではなく、どこかの会社組織で自分のイラストを生かしていきたいと思ったら、専門学校を卒業するルートがおすすめなのです。