専門学校を卒業した後イラスト業界の就職先とイラストレーターになるメリット

イラストの専門学校に興味があって行こうか悩んでいる方は卒業した後の就職についても気になる方が多いと思います。

専門学校を卒業した後のどんな就職先を目指す事ができるのか、どんな技術を身につけて社会にでるのか、またイラストレーターになるメリットなどまとめてみました。

イラスト専門学校を卒業後の就職先

グラフィッカー

グラフィッカーというのはゲームの画像や映像の他、特殊効果などグラフィックに関わる部分を受け持つ仕事になります。

キャラクターデザインや背景、タイトル画面やバトルエフェクトなど制作するのは色々あります。

綺麗なグラフィックを求めてゲームをする人もいるので、ゲームの売りな上げに直接的な影響がある重要な役割と言っても過言ではありません。

イラストレーター

イラストレーターはイラスト制作ですがゲームや絵、広告のプレゼンなどのカンプ制作を請け負う会社の事を指します。

クライアントの背景やキャラクターなど全て依頼されることもあれば、キャラクターが持っている武器だけ、モンスターだけ大量発注されることもあります。

急に依頼される場合もあるので、スピード感だけでなくある程度の創作技術を身につける事ができるは仕事としておすすめです。

デザイン事務所

デザイン事務所はポスターや広告などのデザイン制作をする会社で、イラスト制作会社はデザインの一部の背景やキャラクターの制作を担当します。

ですが、デザイン事務所は全体のレイアウトなどを受け持つ依頼が多いです。

事務所により扱う棒体は色々あり、全部扱っている会社やウェブ棒体だけの会社に別れます。

イラストレーターのメリット

イラストレーターといっても色んな仕事がありますが、実際にイラストレーターになるメリットは何があるか気になります。

これはある程度実力が付けばの話ですが、実力があれば、自宅で作業することができるとい所です。

特に女性の場合、結婚や出産を機に仕事を退職もしくは育休しても中々復帰できないという場合がありますが、自宅で仕事ができるいい面があります。

会社員として働いていたなら転勤や出張、毎員電車を回避する事もできます。

今は色んなメディアが溢れている現代でイラストは色んな場所で必要とされているので、自分の買いたイラストが世に出る機会も増えると思うので仕事にやりがいを感じる事もできるはずです。

イラストレーターになるまでの道のり

高校卒業後に就職

イラストレーターの仕事は基本的に実力主義の世界になります。

企業事に必須としているスキルを習得してさらに魅力的な作品を作れるのであれば、高校卒業後にイラストレーターとして就職することができます。

ですがイラストレーターの世界はかなり高い技術が求められるので、高校在学中に業務委託などで仕事を経験してみたり、本物のプロが求めるレベルを知っておくのがおすすめです。

美術系の大学への進学

美術系の大学に進学した後にイラスト制作会社や広告制作会社に就職するのもイラストレーターに多い進路の1つです。

美術系の大学はデッサンなどの授業で基本的な画力を向上できるだけでなく、要らんな絵のとらえかたを勉強できます。

美術系の大学を卒業したという学歴は美術に関しては勉強してきた証明になるので、イラストレーターだけでなく美術全般の仕事を考えている方におすすめです。

専門学校に通う

イラストレーターに絶対なる、少しでも早くデビューして実績を作りたいと考えているならイラスト専門学校の進学を視野にいれるといいです。

短期間で売れるイラストや求めているイラストは何かを徹底的に教えてらえますし、プロの現場にインターンとして参加できるような授業が組み込まれているので、他では体験できないような体験ができます。

業界で何が求められているのかを理解する1番の近道になります。

専門学校で身につけるスキル

イラスト専門学校は鉛筆や絵の具などアナログな道具を使ったりPCを使った授業があります。

卒業し、社会に出てイラストの仕事を始めると依頼主からこんなイメージで書いて欲しいという発注がくるので、それに合わせて絵を書く必要があります。

なのである程度依頼主の希望にそうような色んな道具を使い分けるスキルを持つことは大切で、プロに必要とされるスキルです。

卒業後の進路は?

イラスト専門学校を卒業した後はデザイン事務所、イラストレーター、編集プロダクションに就職する人が多いですが、ショップに務めてPOP制作として活躍される人もいます。

漫画家のアシスタントとして働きながらイラストレーターと漫画家の両方を目指す人も中にはいます。

絵を毎日描き続けるための画力が格段に上がるので、そういう場所で重宝されることは間違いなしです。

イラストを描く仕事は色んな場所に溢れているので、熱意さえあればイラストレーターになれる可能性があります。

社会人でも問題なし

例えば他の職種についたけどイラストの想いを捨てられない、一旦子育てで離れたけどやっぱり本格的に勉強したいなどの思いがあり専門学校に入学される方も多いです。

社会人が本当にやりたいことにチャレンジできる場所として、イラスト専門学校はおすすめです。

まとめ

イラスト専門学校に行けば就職先も決まりやすいですし、在宅として仕事をするメリットがあります。

専門学校に行かなくても美術系の大学、もしくは高校卒業と同時にプロとして働く事もできますが、ある程度技術と要望に対応する力を身につけないといけないので、イラスト専門学校がおすすめです。