イラストの専門学校!志望の動機を聞かれたらどう答える?

イラストレーターになりたいけど、でも道がよく見えない、何よりもテクニック自体が足りない、そんな場合に進学を志すのが、イラストの専門学校ですね。

大学に行くよりも実践的な授業をしてくれるのが特徴です。

ではその志望動機を聞かれたら、どう答えるのが良いのでしょう。

いろいろと言われるイラストの専門学校だけど

行くだけ無駄とか言われることの多い、イラストの専門学校です。

しかし実際には、絵を学ぶのに非常に役立ってくれる学校でもあります。

なら美大に行けばと言う、声も出ますね。

しかし美大というところ、上手い人が行くところなのです。

実技のテストがあってそこでもう、素人はふるい落とされてしまうのですね。

絵が上手い人がもっと上手くなるための学校が、美大なのです。

一方でイラストや漫画の専門学校の場合、初心者でも受け入れ可能で、基礎テクニックから学ぶことが出来ます。

今は上手くないしキャリアもないけど勉強したい、と言う人のための学校なのです。

きちんとしたカリキュラムと、良い講師を揃えている専門学校なら、絵の勉強には大変に適していると言えるのです。

また独学よりもデッサンなどの授業がある分、基礎テクニックを身につけられますし、独りよがりにならずに済みます。

そうした意味でも、専門学校は無意味無駄とは言えないのです。

イラストの専門学校の入学には

美大には入試というものがああります。

学科と実技ですね。

では専門学校ではどうでしょう。

基本的には試験らしい試験はない

特待生など目指す場合以外、試験らしい試験はありません。

特待生用の入試の場合、自分の作品の提示を求められることもあります。

いわゆるAO入試というものはありますが、これはオープンキャンパスなどでエントリーして、その後面談を受ける程度のものです。

色々とメリットがあるので、受けておくに越したことはありません。

では一般ではどうなのかと言うと、これも面接に作文程度です。

どちらも志望動機などを明確にしてあれば、問題はありません。

誰でも入学が出来るの

こう言ってはなんですが、早いもの勝ちと言った感もあります。

定員で締め切り、となっている場合定員数に達してしまうとそこで、入学を打ち切られてしまいます。

先に書いたAO入試に申し込んであると、優先されますので、人気の学校の場合エントリーしておくのがおすすめです。

志望動機とかはっきりしていたほうが良い

どうしてこの学校を選びましたか、というのはもう面接の定番の質問ですね。

学校だけでなく、就職の時の面接でも同じことを聞かれます。

専門学校の場合、よほどとんでもないことを言わない限り、この面接で落ちることなありません。

聞かれて、暇つぶしとか、他に行く学校がない、などと答えればこれはもう、受かりたくないと証言しているようなものです。

もしその専門学校に本当に入りたくて、そこで目一杯勉強したいと思っているなら、この時は自分をアピールする機会でもあります。

最初の顔合わせで良いインパクトを面接官に与えられれば、その後の学生生活にも影響があります。

またイラストという特殊な仕事ですので、卒業後の就職も結構限られてきます。

そのためにも、言い方は良くないですが、最初に顔を売っておくのは大事ですね。

こういったところが気に入って、こういう勉強をしたくて、この講師に絵を学びたくてなど、しっかりと自己アピールしておきましょう。

面接は単なるテストではなく、自分を売り込む機会でもあるのです。

作文でも志望動機ははっきりと

作文に志望動機を書くように言われることもあります。

言葉と違って、勢い任せには書けないので、文章作りが苦手な人には苦しく感じるものです。

しかしここでも同じことで、自分の中身の整理を予めしておけば、その場で慌てないで済みます。

基本的には、自分の夢はなにか、何故その夢を持ったのか、そのために今までしてきたことは何なのか、努力だけでは足りないものは、などを書きます。

加えて、その足りないものを補うのに、この学校のこのカリキュラムに惹かれた、この講師に自分を伸ばしてもらいたい、など書いていくことです。

もちろん書く順番は前後しても構いませんが、これらのポイントさえ抑えておけば充分に志望動機として通用します。

例えば、自分の夢はイラストレーターになること、それは小さな頃にある人のイラストを見て感銘を受けたから、などですね。

でも中学でも高校でも、普通の美術のクラスだけしか受けてこなかったので、技術的には素人同然、ぜひこの学校で基礎を学んで技術向上を目指したい、と結びます。

これはあくまで例ですが、今の状況を正直に、でも将来はこうなりたいという気持ちがそのまま志望動機に繋がります。

ポイントさえ押さえれば、作文も楽勝で書くことが出来るのですよ。

まとめ

この学校の志望動機はと聞かれた場合、とにかく正直なところをしっかりと話すことです。

イラストを描くため、テクニックを向上させるためなど、きちんと話しましょう。

またその専門学校を卒業した後どうしたいかも、一緒に話しておけばパーフェクトです。

硬い言葉なので緊張してしまうかもしれませんが、自分の気持をはっきりと伝えれば、決して難しいことではありません。