アミューズメントメディア総合学院 イラスト学科ってどんな専門学校なのかとその特徴3つ

イラスト専門学校は全国各地に色々あるので、どの学校に行こうか悩む方も多いと多いと思います。

実際に行ってみたら思ってたのと違ったなんて事もあると思うので、プロのイラストレーターを目指すならアミューズメントメディア総合学院 イラスト学科がおすすめです。

どんな学校か、またその特徴を紹介します。

アミューズメントメディア総合学院ってどんな学校?

ゲームプログラマーやアニメ、ゲームの3DCG、アニメーション学科など含め8つの学科があります。

業界の第第一線で活躍している現役のプロ講師の元で勉強できプロとして活躍できるスキルを勉強できる最高峰の専門学校です。

業界に直結した就職はもちろん、デビューシステムもあり、卒業してからもバックアップサポートがあります。

イラストレーターを目指している方にはとてもおすすめできる学校です。

アミューズメントメディア総合学院の特徴

各学科のプロフェショナルになれる

全部で8つの学科があり、選んだ学科でその道のプロを目指すことができます。

似たような学科があるように見えますが、それぞれ目指すこと職業が全然ちがうので、イラストレーターを目指すならマンガイラスト科かゲーム・アニメ3DCGの学科がおすすめです。

就職サポートが万全

転職や将来の相談はもちろん最新の求人やオーディション情報の提供や、作品を持ち込んだ時の支援もされています。

技術を向上するための適正なアドバイスも含め細かい進路指導もされているのが特徴です。

卒業生の実績が凄い

専門学校を卒業してプロとしてデビューするための実践にこだわった教育カリキュラムがあり、エンタメ業界で即戦力になれるような人材に成長できるで、卒業生の実績が90%以上です。

イラストレーターを目指すための学科

マンガアニメ3DCG

イラストレーターはもちろんエフェクトデザイナーや3Dモデラーなど勉強できます。

業界の最前線で活躍している講師が授業をしてくれるので、プロだからこそできる実践的なカリキュラムと最新の知識と技術を勉強でき、プロでも活躍できるようなクリエイターを目指せます。

2年間で徹底的に基礎練習や反復練習をして、クリエイターとしての土台をしっかりと勉強し、実践的な実習で力をつけられます。

アニメやゲームの業界で、今は3DCGの技術が世界的に必要不可欠になっています。

とても飛躍している業界ですが、クリエイターはまだ少人数で、そんな業界で活躍するためには最新の技術と知識を勉強し、個性と想像力を磨くことが大切です。

それを実現できるのがこの学科になります。

1年次の時に2回ゲームの開発実習をし、2年次でも2回アニメ制作の実習ごあります。

イラストレーターになりたいけど、全くの未経験という方でも2年間で4回の共同制作の実習をすることで、最先端の知識と技術を身につけることができます。

マンガイラスト学科

今は電子書籍が一般的になっているため、漫画やイラストを紙で楽しむからスマホやパソコンで楽しむ時代に変わりつつあります。

デジタル化が進んでいるこの業界に対応するたてのクリエイターになるために、設備は教育環境ち力を入れています。

カリキュラムは基礎から取り組んでいるので、絵を描いた事がなくても2年間でプロを目指すことができます。

イラストレーターとしして仕事をしようと思うと編集者の目に止まるような絵を書くことが成功への第一歩です。

勉強を教えてくれる講師や編集者は全員が第一線で活躍しているプロの方ばかりです。

作品作りもオリジナルのカリキュラムとして個別作品指導をされており、しっかり丁寧にサポートしてくれます。

一人一人の個性を合わせた作品制作を指導されておりスケジュール管理も徹底されているため、最後までマンガ原稿を完成させることができます。

また学校に編集部の方を招き特別講義と個別指導をするイベントもあります。

1回の開催につき1社のみ招くそうで、1社の話をじっくり時間をかけて聞くことができます。

出会える出版社も数多くあり、時間をかけた見てもらえう事ができます。

産学共同カリキュラムというものがあり、学生と学院が共同でマンガやイラストの仕事に取り組みデビューする仕組みの事です。

学校内にはAMG出版という出版事業部があり、日々色んなマンガやイラストなどを企画して外部企業と連携して商品開発をされています。

在学生から描き手が選ばれることも多いため、学生にとっては絶好のデビューチャンスになります。

そしてデジタル化が主流になってきている今、業界でも通用する技を身につける必要があります。

教室内には学生の人数分の液晶タブレットを完備されており、作画ソフトはCLIP STUDIO PAINT EXを使って操作方法の基礎からしっかり勉強しながらマンガやイラストを進めていきます。

まとめ

イラストレーターになるための専門学校はいくつもありますが、専門学校に行ったからといって、絶対プロとして活躍できるという保証はありません。

そうならない為には、できるだけ実績と就職率、求めているクリエイターになることが必要なので、アミューズメントメディア総合学院がおすすめです。